お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

Gallery Shop

展覧会に合わせた作品や、おすすめのものなどをご紹介。

足りない活字のためのことば 「ひだりのまち」のための挿画

15,400円

作家:富田惠子

國峰照子「ひだりのまち」のための挿画  

限定30部 エッチング、アクアチント サイズB4

 

 

「足りない活字のためのことば」展は、馬喰町ART+EATにて2013年10月1日(火)〜11月2日(土)に開催され、その後、東北を巡回しました。

 

展覧会概要についてはこちらをご覧くださいませ。

 

三陸・釜石の印刷工場で、東日本大震災を生きのびたわずかな活字。
人の手から手へと託されたその「足りない活字」のために、12人の作家が「ことば」を紡ぎました。
足りない活字で印字できる「ことば」だけで構築した詩、あるいは短歌、あるいは俳句が全部で12生まれたのです。

 

そのうちのいくつかには、国内外の7組のアーティストが挿絵(版画)を制作しました。
また、12の作品は、KAMAISHI LETTERPLESS の溝上幾久子がひとつひとつ手作業で組版し、手動の簡易活版印刷機で限定30部を印刷。
最後に作家のみなさまの手で各部に自筆サインを入れていただきました。
販売作品は、いずれも手から手へとリレーされ、1枚、1枚ていねいに仕上げられた貴重なシートのうちのひとつです。

 

なお、売り上げの10%は、釜石社会福祉協議会・生活ご安心センター(旧ボランティアセンター)との協議の上、釜石地区の災害記録集作成費の一部として活用させていただきます。
同団体は震災直後から釜石で息の長い活動を継続し、現在もなおガレキ撤去、引越支援、仮設住宅運営支援など幅広い活動を行っています。

たり

 

 

○富田惠子プロフィール

1978年生まれ。 東京在住。版画家。2002年より銅夢版画工房にて銅版画の制作を始める。出版社勤務を経て、現在フリーで制作中。 2007年「さびしくなるまで、叫んでみる。」他個展、グループ展多数。 2008年 The “Iosif Iser”International Contemporary Engraving Biennial Exhibition(ルーマニア)Prize of the Department of Culture 受賞

先頭へ