営業時間:
火〜土 12:00~19:00
日月祝 休廊
※営業日時は都合により変更になる場合がございます。

event

イベント

伝統野菜はおもしろい!

日程:2018.8.21(火)〜9.1(土)

◎関連イベント:伝統野菜トークイート‼︎
火〜土 12:00~19:00
日・月・祝休廊
最終日17:00まで

見て、聞いて、食べて、知る
ART+EATでTALK+EAT
伝統野菜はおもしろい!

「伝統野菜」って知っていますか?

伝統野菜とは、その土地で長い間いのちをつなぎ、適応してきた在来品種の野菜のことを言います。地域の風土や人々の嗜好、食文化などに関する膨大な情報が蓄積されている、まさに地域の「生きた文化財」なのです。

2016年4月にスタートした、伝統野菜を応援する活動「伝統野菜プロジェクト」は食生活ジャーナリスト、フードコーディネーター、青果業、園芸研究家、料理研究家、和菓子創作家、管理栄養士など、食や野菜分野のプロフェッショナルがチームを組み、これまでに数多くの伝統野菜の講座やワークショップを行ってきました。
この夏、馬喰町ART+EATでは、「伝統野菜プロジェクト」のメンバーと共に、ふだん伝統野菜と出合う機会の少ない方や、もっと知りたいという方に向けて五感を刺激する展覧会を開催いたします。

なす・かぶ・だいこん・きゅうり、その他の伝統野菜の、ユニークで魅力的な姿、育っているところ、生産農家、周辺の風景などの写真展示や 産地取材の報告等を通して伝統野菜の世界を見て感じていただきます。

特別イベントでは、伝統野菜プロジェクト代表クサマヒサコさんのお話を聞きながら、伝統野菜の「なす」と一般的な「なす」の食べくらべと、軽いお食事「伝統野菜づくしのワンプレート」をご用意。もちろん、伝統野菜の販売もいたします。(天候によって種類と量が変わる場合があります。)
見て、聞いて、食べて、知る。アートイートならではの展覧会をお楽しみ下さい!!

伝統野菜トークイート‼︎

満員御礼!受付を締め切りました。

伝統野菜はフツーの野菜とどこが違う?なぜ違うのか。
旬の伝統野菜なすと一般的なすの違いを、食べ比べて、感じてみよう。
お話:クサマヒサコ(伝統野菜プロジェクト代表)
※イベント中は予約の方以外の入場はお断りさせていただきます。ご了承ください。

◯日程
①8月24日(金) 18:30〜
②8月25日(土) 13:00〜 
③8月31日(金) 13:00〜

◯参加費
¥3500(伝統野菜づくしのワンプレート+1ドリンク付)

・お申込みは電話(03-6413-8049)、メールにて承ります。

  • ・必ず、①イベント名とご希望の日時を番号でお書きください②お名前 ③人数 ④ご連絡先⑤馬喰町ART+EATからのレターニュースの要or不要をお知らせください。
  • ・メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。
  • ・キャンセルは、1日前からキャンセル料(全額)が発生致します。ご了承下さいませ。

伝統野菜プロジェクト

2016年4月に活動をスタート。食生活ジャーナリスト、フードコーディネーター、青果業、園芸研究家、料理研究家、和菓子創作家、管理栄養士など、食や野菜分野のプロフェッショナルが、チームを組み、伝統野菜を応援する活動をしている。2010年から「野菜の学校ー日本の伝統野菜・地方野菜講座」を開講。毎月1回1地方をテーマに、6年間かけてほぼ全国をカバーする。新たな方向性を探りながら、活動の幅を広げている。https://www.facebook.com/japan.trad.vege

【伝統野菜プロジェクト】メンバー
御倉多公子(おんくらたきこ) 園芸研究家
河原井靖子(かわらいやすこ) 江戸東京野菜コンシェルジェ
草間壽子(くさまひさこ)   食生活ジャーナリスト※プロジェクト代表
白戸啓子(しらとけいこ)  「野菜の食卓」主宰
高橋芳江(たかはしよしえ) (株)果菜里屋 取締役
西川千栄(にしかわちえ)   おもたせ菓子研究室 野菜果物担当
村松眞由子(むらまつまゆこ) 日本女子大非常勤講師 栄養管理士
領家彰子(りょうけしょうこ) フードコーディネーター(栄養士)
脇ひでみ(わきひでみ)    食生活ジャーナリスト

先頭へ