お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

2008.07.11(金)〜22(火)※日曜休廊 「野嶋奈央子展」

※展覧会は無事終了致しました、お越しいただいた皆さんありがとうございました。

私はたいてい、定位置を決めてモノを置く。

だからと言っていつもキレイに片付いてる訳ではなくて、

ただ、キマリを決めてそれに従うことで落ち着くということと、

必要としているときに必要なものに手が届かないだとか、そういうことが許せないだけなのだ。

そんなわけで、大掛かりな掃除をする際にも、

こまごまとしたものを整理すために、

グループ分けをして定位置を決めるところから始めるのだけど、そこでいつも同じ問題が出てくる。

どこのグループにも属さない無所属のものたちが出てきてしまうのだ。

無所属のものたちは、使い道はなくともどうしても手放せないものばかりで、

結局は所在なさげなその無所属たちにひきずられて、

順調に進んでいた掃除もすっかりもたつくのだった。

最近、そのムショゾクによく似た空間をみつけた。

近所で空き地と路地を繋げて路を広くする工事が始まって、現段階ではどうやらどこにも属さない、

消去法で残されたような小さな敷地があるのに気がついた。

しかしムショゾクだと思われる部分は仰々しく囲まれており、

その景色は、広い海の中にポツンと残された小さな孤島のようで、

真夜中過ぎに蛍光灯の光が洩れている6帖ワンルームのようで、

矛盾をそのまま囲ったようなその空間が気になってしかたがない。

私の作品のモチーフになるものは、そんなムショゾクにとても近い、

所在なさそうでいながらも存在感を隠しきれないものたちなのだ。

*画像をクリックすると大きなサイズでご覧頂けます。

「野嶋奈央子展」

野嶋奈央子

1976
北海道生まれ
2002
多摩美術大学絵画学科油画専攻 卒業

卒業制作 福沢一郎賞
1999
グループ展『六人展』(中野ZEROギャラリー)
2001
グループ展『4光景』(銀座 ギャラリー毛利)
2002
個展『京橋 GALLERY b.TOKYO』

グループ展『escenas』(銀座 ギャラリー毛利)
2003
個展『京橋 GALLERY b.TOKYO』
2004
個展『京橋 GALLERY b.TOKYO』
2005
『ふなばし現代美術交流展’05物語が生まれるところ』(船橋市民ギャラリー)

個展『京橋 GALLERY b.TOKYO』
2006
『京橋 GALLERY b.TOKYO』
2007
『京橋 GALLERY b.TOKYO』
2008 4月
上海アートフェア

先頭へ