お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

石塚ツナヒロ展「ゆるむ時」2010.6.1(火)〜 6.26(土)

  • このイベントは終了しました。ご来場ありがとうございました。
  • 11:00〜19:00(最終日は17:00まで) *日・月 休廊
  • レセプションパーティー 6月5日(土)18:00〜20:00
  • 関連企画「ゆるむお茶会」の詳細はこちらをご覧下さい。

石塚ツナヒロ展「ゆるむ時」DM

大きな平面に描き出す抽象とも具象とも思える強いフォルムと、奥行を感じさせる余白が、ギャラリーや美術館などの展示空間に新たな「場」を拓いてしまう石塚ツナヒロの絵画。
サイトスペシフィックな、というよりむしろ絵の置かれた空間と絵の空間が反応して、場の空気を変えてしまうのだと思います。
そんな石塚が馬喰町ART+EATの空間に展開するのは「ゆるむ時」をテーマとした連作。
ふとしたきっかけで「1秒がゆるみ、減速していく」自らの感覚に焦点を当てて、制作に取り組みました。
見る人の体内時計をちょっと狂わせて、ゆるむ時へと誘う独自の世界にご期待ください。

ゆるむ時

目的地に向かう途中や
電車を乗り換える時、
僕は足早でせっかちだ。
食べるのも基本的に、早い。

しかし、きれいな景色の中を歩く時、
日頃あり付けない美味しいものを食べる時は、
ゆっくりと時間をかける。
それまでと時間の流れが変わる。

親しい友人と一杯やる時、
アンティークの雑貨屋とか洋書の本屋、
古い寺に行った時も、
それまで流れていた1秒1秒が
ゆるくなっているような気がする。

特別なものが無くても、
例えばコーヒー1杯とか、
座る場所さえあればいい時もある。
心持ちや考え事で時間を楽しむ場合だ。

この1秒がゆるむ時、
減速していく感覚、
実はその感覚こそが、
今までうまく言い当てられずにいた、
僕の作品の
要素のひとつだったのではないかと思うのだ。

この1秒がゆるむ時、
減速していく感覚、
実はその感覚こそが、
今までうまく言い当てられずにいた、
僕の作品の
要素のひとつだったのではないかと思うのだ。

1秒がゆるむ時、
それには、きっかけやスイッチのようなものがある。
気になるのは、その時の空気や匂いだ。
コーヒーの香りや雑貨屋の乾いた埃の匂い。

夏の日の夕立では、
湿った空気と一緒に、独特の匂いが立ち込める。
1秒がゆるみ、同じ匂いをかいだ過去の記憶とつながる。
それは懐かしい記憶だろうか。
忌まわしい記憶だろうか。

1秒がゆるむ時。
そこに漂う空気や匂い。
減速していく感覚。
そしていつかの記憶 。

  • 石塚ツナヒロ展「ゆるむ時」1
  • 石塚ツナヒロ展「ゆるむ時」2
  • 石塚ツナヒロ展「ゆるむ時」3
◎関連企画「ゆるむお茶会」

石塚ツナヒロ展「ゆるむお茶会」

  • *マイムパフォーマーのいちょうたけしによるコラボパフォーマンス。
  • 美味しいお菓子とお茶を飲みながら、パントマイムで「ゆるむ時」を楽しむ。
  • 6月19日(土) 17:00〜18:00 予約制 参加費1500円
  • ※予約制 参加費1500円
    ご予約は TEL / FAX(+81 03 6413 8049)、または e-mailまでご連絡下さい。

いちょうたけし Takeshi Icho(パントマイムパフォーマー)

東京造形大学造形学部美術学科卒業後、美術から身体表現へ。演劇からワークショップを経てマイムへと移行する。他ジャンルとの即興によるセッションと、構成されたマイム作品の発表を並行している。
美術とのコラボレーションも多く行っており、2008年には画家の槇島藍のライブペインティングとマイムのコラボイベント「絵とマイム−あなたとわたし–」、2009年には石塚ツナヒロ展「トルソ」のオープニングレセプションにおいてマイムパフォーマンスを行っている。

いちょうたけし Takeshi  Icho(パントマイムパフォーマー)

石塚ツナヒロ Tsunahiro Ishizuka

1966年
兵庫県生まれ。
1989年
武蔵野美術短期大学専攻科美術専攻修了
1991年
武蔵野美術大学パリ賞受賞
1992年
パリ留学
<最近の主な活動>
1998年
「VOCA」展 上野の森美術館(東京)
1999年
「新世代への視点’99『楽園』画廊からの発言」
  かねこ・あーとギャラリー(東京)
2000年
「平面の試み–2人の場合–」 かねこ・あーとギャラリー(東京)
2002年
「VOCA」展 奨励賞受賞 上野の森美術館(東京)
2003年
「セレクション2003」 かねこ・あーとギャラリー(東京)
「夏休み子どもワークショップ」講師 静岡県立美術館(静岡)
2006年
「VOCAに映し出された現在–いまいるところ/いまあるわたし」宇都宮美術館(栃木)
2007年
「石塚ツナヒロ展 〜TORSO〜」第一生命ギャラリー(東京)
2008年
「石塚ツナヒロ展 –plant⇔planet−」第一生命ギャラリー(東京)
「YUME ART Exhibition 石塚ツナヒロ展–ずっとそこにあるもののように–」
  脇田美術館(軽井沢)
2009年
「石塚ツナヒロ展 〜TORSO〜僕の知人たち」第一生命ギャラリー(東京)

先頭へ