お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

小谷野夏木展 「図と相」 2010.10.5(火)〜23(土)

※このイベントは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

  • 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
  • 日月祝休み
  • 10月9日(土)19時半から レセプションパーティー
  • ◎関連企画 『石坂亥士「振動する音楽」小谷野夏木の作品と響き合う原始的な音の世界』は終了いたしました。
小谷野夏木展 「図と相」 DM

昨年春、馬喰町ART+EATで企画された個展「灰の楼閣」で好評を博した小谷野夏木展の第二弾です。
ヒトの細胞に刻まれた太古の記憶の層から発掘されたかすかなイメージの断片、鳥や獣や植物、精霊、大地…。
それらと混じり合う個の記憶。同じ手付きでひとつひとつ採集し、図鑑のように注意深く配置した小谷野夏木の絵画世界は、それ自体もうひとつの世界へと通じる魔法陣のようにも思えます。

作家のことば
図像というのはいつでも失敗を約束された魔法のようなものですが、
その踏み外しの技術について学びます。
私は不馴れな手つきで図像を配置するでしょう。
そして、標本を見るかのように観察する。
おそらくそこには何も起こりませんが、
たまに掛け違いになった魔法の窪みの中に、
期待の、言い換えれば感情的な何かの断片が見え隠れするわけです。
そういうものを、改めて注視したいのです。

◎特別企画 石坂亥士「振動する音楽」
小谷野夏木の作品と響き合う原始的な音の世界(終了しました)

■2010年10月9日(土)18:00開演(開場は17:30)

世界的なパーカッショニスト土取利行の弟子にして、神楽太鼓という伝統音楽の担い手でもある石坂は、小谷野夏木の絵から何か根源的な音が生まれるようなイメージを持ったといいます。
今回は、太鼓よりも起源が古いとされるガラガラ(マラカス)や亀の甲羅、くり貫いた木などのシンプルな楽器から始めて、徐々に銅鑼や太鼓を使いながら音の風景を作っていく予定です。
石坂自身は、「原始の音粒」あるいは、音から楽(音楽)へと移り変わる様子という言葉を使っています。

  • ◎予約:¥2000(前日までの予約はワンドリンク付き)/当日:¥2500
  • ◎お申込みは電話、FAX、メールにて承ります。
    • *必ず、①お名前 ②人数 ③ご連絡先をお知らせください。
    • *メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。
    • *前日からのキャンセルにはキャンル料が発生しますので、ご了承ください。

小谷野 夏木 Natsuki Koyano

1975年
埼玉県生まれ
2001年
武蔵野美術大学大学院卒業

◎展示

2003年
「Time Lag Ghost」 Space Kobo&Tomo
2004年
「Pray」 西瓜糖
2005年
「良き声、良き目」 Space Kobo&Tomo
「サイクロプスとの終りなき契約」 アユミギャラリー
「難破船」 巷房階段下/Space Kobo&Tomo
群馬青年ビエンナーレ 群馬県立近代美術館
2007年
「雫に」 藍画廊
「鏡の三つのヴァリエイション」 巷房/巷房階段下/Space Kobo&Tomo
2009年
「灰の楼閣」 馬喰町ART+EAT
2010年
「図と相」 藍画廊
特別企画 石坂亥士「振動する音楽」

石坂 亥士 Gaishi Ishizaka

幼少の頃より、母の郷里の青森県で多くの民俗芸能に触れたことが、現在の演奏に大きな影響を与えている。
神楽太鼓奏者(打楽器奏者)として神社や寺院といった日本古来の場所での演奏を数多く行い、同時に群馬県桐生市の神楽師として太々神楽広沢連中に在籍。また、1996年から世界的なパーカッショニスト土取利行氏に師事し、伝統の中に流れる音の世界観を吸収し、神楽太鼓、和太鼓、銅鑼などを使用し、独自の音世界を表現している。

1971年
群馬県桐生市に生まれる。
1996年
パーカッショニストの土取利行氏に師事
2008年
「螺旋のグルーブ」と題したセッションを行う。
舞踏家・工藤丈輝、エスパルタコ・マルティネスと共にメキシコツアーを行う。
2009年
水都大阪2009のオープニングにて演奏
青森県三内丸山遺跡にて演奏
馬喰町アートイートにて演奏
2010年
11月27日に行われる、Red Bullの伝説のイベントBC ONE2010のオープニングアクトに決定!
石坂 亥士 Gaishi Ishizaka

先頭へ