お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

世界を知って、もっと音楽を楽しむ為に【馬喰町音楽会 vol.1 山口とも&馬喰町バンド】2011.11.4(金) open 19:00 / start 19:30

※このイベントは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

馬喰町音楽会

馬喰町バンドがプロデュースするユニークな音楽会が始まります!
馬喰町ART+EATではおなじみの馬喰町バンド。
彼らが熱望しているのは冒険の音楽。

絶対死んではいけない、
冒険するために冒険する。
音楽するために音楽する。

彼らとその新しい友人と共に生きる音楽を目撃しよう。

Vol1に登場する友人は打楽器奏者の山口ともさん。
ともさんのガラクタを集めて作った廃品打楽器演奏を観られる機会は少ないのでぜひお見逃し無く!

世界を知って、もっと音楽を楽しむ為に
【馬喰町音楽会 vol.1 山口とも&馬喰町バンド】

  • ■2011.11.4(金)open 19:00 / start 19:30
  • ■チケット:¥2,500(ワンドリンク付)
    • *お申込みは電話、FAX、メールにて承ります。
    • *必ず、①お名前 ②人数 ③ご連絡先をお知らせください。
    • *メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。
      「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。
    • *キャンセルは、1日前からキャンセル料(全額)が発生致します。ご了承下さいませ。

山口とも Tomo Yamaguchi

  • 日本廃品打楽器協会会長
  • 打楽器奏者 写真家

祖父、山口保治は「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など
数々の童謡を創った作曲家。父、山口浩一(新日本フィルハーモニー/
ティンパニー名誉首席奏者)の長男として東京に生まれる。

つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。1980年
「つのだ☆ひろとJAP’S GAP’S」でデビュー。解散後、フリーの
パーカッショニストとして中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也・
サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。

95年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに廃品から様々な
オリジナル楽器を作るようになる。「音楽=音を楽しむこと」をモットーに
近年では、様々な年齢層の人が楽しめることを目指し、廃品打楽器を使った
独自のパフォーマンスを展開する。また、「廃品をリサイクルして楽器を作る=
楽しみながら地球環境を考える」ヒントをも示唆することにつながり
エコロジー的見地から見ても、その可能性は幅広い。

一度見たら忘れられない希有なキャラクターが世間から評価を受け、
’03年4月からNHK教育テレビで放送された「ドレミノテレビ」では、
ううあとともに進行役をつとめ、「ともとも」の愛称で親しまれて人気を博した。
その他テレビ出演も多数。

ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。

公式ウェブサイト

馬喰町バンド Bakurocho Band

  • guitar : 武徹太郎
  • bass : 織田洋介
  • percussion : 土生”らぶみちる”裕

2007年10月に結成された、ギター・ベース・パーカッションから成るトリオ。
最小の編成から紡ぎだされる音楽は、新鮮なのに誰の耳にも懐かしい、風のような海のような音。
これぞ民謡の最新形、ジャパニーズソウルミュージック!

公式ウェブサイト

先頭へ