お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

オランダの人気絵本作家、ワウター・ヴァン・レークがやってくる! 2013.6.22(土) 19:00〜

*このイベントは終了しました、ありがとうございました。

オランダの人気絵本作家、ワウター・ヴァン・レークがやってくる!

オランダ随一のアニメーターにして絵本作家、
ワウター・ヴァン・レークの1日だけのスペシャル・トーク!
プラティスラヴァ世界絵本原画展「金のりんご賞」受賞絵本
『ケープドリとモンドリアンドリ』をテーマに創作の秘密、明かします。

〈モンドリアンとボクと怪鳥ケープドリ〉

  • 2013年6月22日(土)19:00〜21:00
  • 出演:ワウター・ヴァン・レーク 通訳:野坂悦子
  • 短編アニメ『ケープドリはつめいのまき』上映も
  • 企 画:馬喰町ART+EAT/朔北社 http://www.sakuhokusya.co.jp
  • 後 援:オランダ文学財団
  • 定 員:40名予約制
  • 参加費:3,000円
  • *ART+EAT特製モンドリアン讃サンドイッチ弁当付き
    • ・お申込みは電話、FAX、メールにて承ります。
    • ・必ず、①お名前 ②人数 ③ご連絡先をお知らせください。
    • ・メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。
      「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。
    • ・キャンセルは、1日前からキャンセル料(全額)が発生致します。
      ご了承下さいませ。
130622-3
モンドリアン讃サンドイッチ(ハムとチーズのサンドイッチとデザートオープンサンドのセット)

今回のトークのテーマとなる絵本について
『ケープドリとモンドリアンドリ』

この絵本は、2011年9月にオランダのハーグ市立美術館にできたモンドリアンの常設展示棟の落成を記念して作られました。
未来の理想を追い求めたモンドリアン。その分身のキャラクター「モンドリアンドリ」の後を追い、ケープドリとツングステンも、新しい未来を見にいくことにします。
その道程で、具象から抽象へとむかうモンドリアン絵画の歩みも見ることもできます。
水平と垂直の直線で分割され、赤・青・黄の三原色を用いたモンドリアンの世界と、ケープドリのユーモラスな世界がコラボレーションで、今までに見たことのない新しい絵本の誕生です!
この作品は、2011年ブラティスラヴァ世界絵本原画展「金のりんご賞」受賞しました。

オランダの人気絵本作家、ワウター・ヴァン・レークがやってくる!

ワウター・ヴァン・レーク Wouter van Reek

1984
アムステルダムのリートフェルト・アカデミー(視聴覚デザイン科)卒業。
1990~2006

手描きによるコンピューターアニメーションのテレビシリーズをいくつも手掛ける。

1994以来
毎年、オランダのセサミストリートのための
ショートアニメーションフィルムを制作する。
2005
「ケープドリ」の絵本を手がけ、現在、6か国語に翻訳されている。
2009
アニメーションパフォーマンスライブを、
カレファックス・リード・クインテッド との共催で行う。
2010
アートブック『ケープドリとモンドリアンドリ -モンドリアンの足跡の中で』
(仮題)を出版する。

■受賞歴

2002
アニメーション「ケープドリ はつめいのまき」:
CICFF(the Chicago International Children’s Film Festival)最優秀賞
2007
絵本『ケープドリ あらしのまき』:銀の画筆賞
2011
『ケープドリとモンドリアンドリ -モンドリアンの足跡の中で』
(仮題):BIB金のりんご賞

■作品

  • 『ケープドリ あらしのまき』
  • 『ケープドリ はつめいのまき』
  • 『ケープドリとモンドリアンドリ-モンドリアンの足跡の中で』(仮題)(野坂悦子/訳 朔北社)

先頭へ