お知らせ:2007年より活動してまいりました馬喰町ART+EATは、2019年4月26日をもって閉廊いたします。
みなさまの長い間のあたたかいご支援・ご愛顧にスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

event

イベント

「間」 井上陽子 高田竹弥 富田恵子 ハタノワタル 2013.5.21(火)〜2013.6.8(土)

*このイベントは終了しました、ありがとうございました。

  • ・2013年5月21日(火)〜6月8日(土)
  • ・日・月・祝日休廊
  • ・火・水・木 11:00〜19:00
  • ・金・土   11:00〜21:00
  • ・最終日の6/8(土)は19:00までとなります。
「間」
井上陽子 高田竹弥 富田恵子 ハタノワタル

展覧会サイト

【無事終了しました。ご参加ありがとうございました。】
★ワークショップ 「間」を感じて考えるワークショップ&座談会

  • – 2013年6月1日(土)13:00〜17:00
  • – 参加費/3500円(材料費込み) ※予約制
  • – 持ち物/糸切りばさみ
  • 古紙、和紙、版画、ドローイングの紙片など…。作り手4人の素材をコラージュしてオブジェを作ってみます。出来上がった自分だけの「間」について、一緒に話し合いましょう。
  • ・お申込みは電話、FAX、メールにて承ります。
  • ・必ず、①お名前 ②人数 ③ご連絡先をお知らせください。
  • ・メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。
    「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。
  • ・キャンセルは、1日前からキャンセル料(全額)が発生致します。ご了承下さいませ。

井上 陽子 – YOKO INOUE

年滋賀県生まれ 東京在住
京都造形芸術大学 洋画コース卒業。書籍、雑誌、広告などの装画を担当するほか、メーカーとのコラボで文具・雑貨デザインも手がける。
著書に『コラージュのおくりもの』(パイ・インターナショナル)、『コラージュ図案帖』(雷鳥社)などがある。
WEB http://www.craft-log.com/

高田 竹弥 – TAKEYA TAKATA

兵庫県生まれ
金沢美術工芸大学/美術学部 油画専攻 卒業。2003年以降、三重/伊賀の里山にアトリエを置き、東京、大阪、神戸等のギャラリーで個展を軸に発表。自身が感じ取った心の風景を絵画・立体というカテゴリーにはまらず自由に表現している。
WEB http://www.ict.ne.jp/~nenenet

富田 惠子 – KEIKO TOMITA

1978年生まれ 東京在住
2002年大学では考古学を学ぶ。銅夢版画工房にて銅版画を始める。2007年gallery high-kyo(麻布十番)にて初個展。以降、毎年個展・グループ展等を行う。出版社勤務を経て、現在区立図書館勤務。
WEB http://www.geocities.jp/niroagasu/

ハタノワタル – WATARU HATANO

淡路島出身
多摩美術大学絵画科卒。絵画の支持体として使っていた和紙を漉きたくなり、京都・綾部、黒谷和紙の職人となる。昔から続く仕事をしながら、感じたことを表現しています。
WEB http://www.hatanowataru.org/

先頭へ